引越し業者の相場は上がっているのか

久しぶりに実家に顔を見せた長女が、職場で転勤を言い渡されたらしい。
転勤は初めてのことではなく、今の会社に入ってからは2度目になる。
元々、総合職で入社したので転勤があることは頭に入れていた。
女の子が一人で日本中を転々とするのは親として不安もあるが、影で応援する他ない。

朝ごはんを食べている最中、娘が「引越し業者の相場が前より上がってる」と漏らした。
彼女の会社は、引越しの際に出してもらえる金額が決められている。
それを越える場合は自分で払わなければならない。
このご時世、その上限も段々と低く設定されるようになったらしく、少しでも安い業者(http://www.extremal24.com/)を探していた。

以前の引越しはたしか消費税が8パーセントに上がる前だった。
消費税なんかも関係してるんじゃないの?と聞いてみたが、実際のところ娘にもそれは分からない。
消費税が上がったタイミングで物の値段が少しずつ高くなったのは、多くの人が感じていると思う。

これってこんなに高かったっけ?と思ってしまうことが増えた。
単に消費税分だけ多く払っているわけでもないときは、少し残念な気持ちにすらなる。
転勤に係る引越し代金を親が払うと言えば、あまり良い顔をしない娘だ。
それ以外の生活に係る資金を減らせるように、食料品を多めに持って帰らせ、野菜を送る。
もう少しマメに顔を見せてくれると、まだ安心なのだけれど。

引っ越し見積もり比較で一番お得な業者をチェック☆

「引っ越しシーズン」といえば春ですが、最近は秋冬も引っ越しが多くなる時期のようですね。
引っ越しをするとなると、引っ越しにかかるお金のことが気にならない人はいないと思います。
料金を抑えた引っ越しをするためにも、引っ越し見積もりは十分に比較して、一番納得のいく業者を選ぶのがポイントになるようです。
引っ越し料金だけでなく内容もきちんと比較しておきたいのは当然ですので、複数の引っ越し業者から見積もりを取り寄せて、あらゆる視点から業者選びをしてみましょう。
最近は引っ越し見積もりが1回の入力でできる、便利な見積もりサイトがあります。
日程やエリア、荷物の量など、入力した条件で引っ越し見積もりを作ってもらえるて、同じ条件で比較しやすい見積もりがもらえると人気となっています。
引っ越し業者の特徴などもそれぞれ異なりますので、ぜひ色々な業者を比べてみてコスパの良い納得の業者を選んでみてくださいね。
ちなみに今、一人暮らし向けの『引っ越し単身パック』というプランが、荷物の少ない場合には低料金で気軽にできるプランとしてとても人気のようです。
ぜひチェックしてみてくださいね。