知りたい!引っ越しにかかる準備期間と引っ越しの出費を抑える工夫とは

引っ越しにかかる準備期間は、実際にどのくらいかかるのでしょうか。
引っ越しの準備といっても、いろいろやることがあります。まずは引っ越す日程と引っ越しをお願いする業者を決めます。そのまえに転居先で住む家も決める必要があります。また、役所などに行っておこなう手続きや、ライフラインの手続きもしなければなりません。
一人暮らしの方ですと、荷造りもそんなにたくさん量がないので楽かもしれません。引っ越しが決まったら1週間~2週間あれば、出来てしまうはずです。
ファミリーの方は、荷物なども多いので荷造りに時間がかかります。食器や衣類、小物も多くなってしまいがちです。引っ越しが決まったら不要なものは処分したり、リサイクルに出すなどして荷物や家電などを少なくしておくことがおすすめです。ファミリーの引っ越しですと、2か月くらい前から始めてちょうどいいくらいです。
転勤などで急な引っ越しが必要になった場合は、準備期間も短くなってしまいます。短期間で転居先を決めたり、荷造りをすることになります。引っ越し比較は一括見積もりサービスがお得!【無料】で利用できます。もし短期間すぎて準備や用意が出来ない場合は、引っ越し業者のスタッフさんに相談してみてもいいかもしれません。荷造りをしてもらえるコースなども用意されています。
引っ越しにかかる出費は馬鹿になりません。新しい住まいや家具、調度品にかかる費用、各種契約。せめて引っ越し料金は抑えたいものです。
では、どういった工夫が出来るでしょうか。
仕事で引っ越しの日取りが決定している場合を除き、繁忙期を避けましょう。引っ越しシーズンは進学や就職、転勤が決まる3月から4月。可能であればその時期の移動は見合わせましょう。金額に大きな差が出ます。特に1月、11月など、寒くて人が動かない時なら金額が格安です。また、曜日選びが大切。週末は混み合います。荷物の移動を平日に出来れば出費は減ります。
一人暮らしであれば荷物は少ないものです。小型トラックを借りて友人、家族で行うのも一計。お礼の金額は交際の度合いによって決めましょう。気心の知れた相手であれば夕食をおごる程度で済む場合もあります。
スケジュールに余裕のある人、時間に融通が利く人であれば「合積み」という選択肢があります。同じ日に同じ地域へ引っ越す人とトラックを共用するやり方です。相手の都合に合わせる必要があるので不便ですが、お値段はお得。移動先でお世話になる不動産屋がある場合は、関連の運送会社を紹介してもらえることがあります。金額は低めですから、利用しない手はありません。